フィレンツェ観光ガイドの裏話。

フィレンツェで働く2人の観光ガイド兼コーディネータが綴る
あれやこれや。 FIRENZE-navi.com 【ブログ版】



上記メインサイトではフィレンツェ県公認のガイドライセンスを持つスタッフがイタリア語通訳・フィレンツェの観光ガイドに関する様々なサービスをご用意しています。あなたの為だけのオリジナルプランでフィレンツェを満喫しませんか?一般の大型ツアーでは味わえない「プラスα」なフィレンツェ旅行を提案。個人旅行の不安を至福に変え、フィレンツェ旅行をワガママに楽しんでいただけるスパイスをご提供致します。

◆フィレンツェで働く2人の観光ガイドが綴るブログは以下◆
街中でワインづくし フィレンツェの老舗

 

ずばり、サッシカイア、一本220ユーロでした。

 

「日本の方がもっと安く出回っているよ...」

 

最近のワイン業界の裏技はどのようにしてこのような高級ワインを安く日本国内に販売できるのか。

どこかになんらかの差があるのでは、と色々考えさせられてしまうけど、解けない謎を抱えながら、でも地元で買うのはこの値段、悪くない方です。なんということ...。

 

飲み比べたら、何か分かるんだろうか....。この問いはさておき、

せっかくフィレンツェに寄ったのならば、いざ、エノテーカAlessi へ。

 

 

ワインの老舗でワインテイスティングは如何でしょう。

昔からある貴重な店の一つです。店の中のインテリが素晴らしく、巨大なワイン樽を再利用したショーウィンドーや、おしゃれなテーブルが目を引きます。こちら地上階の軽食テイスティングコーナー。

 

 

地下のテイスティング会場には長テーブルがありこんな感じ。

 

 

 

 

ワインを持ち帰りしたくない場合、おおよそ一本10ユーロの送料でクロネコヤマトが日本に発送してくれます。この店に立ち寄られた多くのお客様が、1ダースくらいは買って行かれるワイン大好きの方々。

 

今回は、サッシカイアと、それに準ずるようなどう地域産のワインを数種類、「サッシカイアと仲間たち」をテーマに購入されました。もちろんエノテーカのエキスパートが迷わず旬のおすすめワインを選んでくれました。

 

正直面白いワインの買い方だと思います。

 

有名な銘柄と、どう地域の似た種類の、ただ名前の知られていない、でも美味しいワイン達。新しいお気に入りのワインを発掘するのに段階を踏んで、値段順に飲んでいったら面白そうな気がします。

 

 

Enoteca Alessi

 

Via delle Oche,27 red Firenze

055-214966

営業時間

基本的に 11時から19時

日曜日は閉店日

 

 

 

| フィレンツェ : 美味しいもの | 23:31 | comments(0) | trackbacks(0) |
本当に美味しいジェラート屋を見つける フィレンツェの場合

 

フィレンツェで、とはいえ、その店はシチリア人経営である。

あまり観光スポットの集まる中心街にはないので、どちらかというと地元の人が通う店の範疇に入る。

しかしそのクオリーティーには目から鱗だ。

さすがスローフードお墨付きのジェラート店だけあると、感心させられてしまった。

 

 

 

ジェラート以外にもシチリアのお菓子が並ぶ。

シチリア風お米コロッケ、アランチーニも出すようなので、簡単に食事をし、ジェラートを食べてコーヒーを飲んでいけそうだ。

 

 

イタリア語でウインドーに殴り書きしてある各種フレーバー。

わー、読んで理解するのが大変だ、とは思うが、このクオリティーなら何を選んでも当たりであろう。

この前食べたのはミルフィーユのジェラート。ケーキ風味か...

少し疑問に思いながらも、なんとなく食べて見たら大当たり!

同じジェラートでもこんな感動を与えてくれるジェラートは久しぶり。

 

 

Il Re Gelato

via filippo Strozzi 8 red

055-495939

基本的に月曜から日曜まで朝8時から夜中0時まで営業

 

| フィレンツェ : 美味しいもの | 21:45 | comments(0) | trackbacks(0) |
2018年5月18日 ガリレオ博物館にて イベント

 

 

 

 

ガリレオガリレイのファンの方、夕方の16時30分から始まります。

 

この講演会の今回のテーマは少し珍しい内容です。ガリレオが住んだ彼の購入しておいた家での生活の様子を探ってみようというもので、ピエラという女中とガリレオのやり取りを語るというのが主なテーマです。近代科学の父がどんな様子で生活を送っていたのかを垣間見ることができそうです。

 

ガリレオが日常情熱を注いだものは?

 

好きな食べ物やワインはどんなものであったか?

 

夕食の準備をする際の女中との会話、科学談義で対決することもあった二人のやり取りを専門家が語ってくれます。

 

通訳とともに講演会を訪れてみましょうか。

 

興味のある方は当日までにお問い合わせを。

 

 

 

 

 

| - | 05:58 | comments(0) | trackbacks(0) |
明日 貴族の館 オープンデイ

 

フィレンツェは街中、郊外にたくさんの貴族の館が存在します。

 

明日は市バスでいける距離にあるSalviatiの館がオープンデイです。

 

是非一緒に見学に行きましょう。普段は一般公開されていない館ですから、この機会を逃すわけには行きません。

 

 

日中、ガイドが館内や庭を案内してくれます。

 

 

コンサート、子供向けサーカスのアクティビティ、その他様々な催し物が開催される日で、近郊で生産される食材の案内、テイスティング等のスタンドが立ちます。去年はジェラート、イタリアンコーヒーや日本酒のテイスティングも実施していました。

 

 

 

ジャムの販売 味見ができて嬉しい。

 

 

見事な屋敷でゆっくり過ごす週末を地元の人たちもとても楽しみにしています。

 

明日1日のみ、時間は10時から16時30分です。急いでお問い合わせください。

 

 

| フィレンツェ観光ガイドの裏話★ 純子 | 07:02 | comments(0) | trackbacks(0) |
お菓子 柔らかいカントゥッチを作る店 

 

中央市場のある地区にフィレンツェ名物のビスケットを売る小さなカントゥッチ屋さんがあります。

 

CANTUCCIは干しぶどうのリキュールワインにつけていただくビスケットで、フィレンツェの郷土料理を出すレストランではまず間違いなくメニューにあるデザートです。リキュールワイン(コーヒーに浸しても美味しい!)に染み込ませていただくので、元々は硬いのですけれども、

 

その柔らかいバージョンを作る店があります。なので食べやすい!

 

 

店先で作っている様子を見学ができるのも嬉しいところ。

いろいろな種類があるため、ミックスして袋に詰めてと頼むこともできます。

例えばスタンダードのアーモンド入りを始め、イチジク入りやチョコレート風味などなど。

 

「フィレンツェ旧市街食べ歩きツアー」でも立ち寄ります。(お問い合わせください)

 

最後にこのカントゥッチのビスケットとコーヒーでしめましょう。甘すぎないのが良いところです。

 

| フィレンツェ観光ガイドの裏話★ 純子 | 06:48 | comments(0) | trackbacks(0) |
連休中のミュージアムの開館時間変更

 

今月30日と翌日のメーデーは各美術館何時に入場できるのか、入場できる可能性がどのくらいなのか、把握しておく必要があります。通常と入場時間帯が違う、もしくは閉めてしまうところもが多々見られるのでご注意を。

 

まず30は月曜日なため基本的にお休みの美術館が多いです。その翌日メーデーにストライキをする可能性のあるところがいくつか見られます。例えば、ウッフィツィ美術館、アカデミア美術館、ピッティ宮殿内の各ミュージアム、ボーボリ庭園の4箇所です。

ウッフィツィなどは午前中13時30分までは基本開けている予定で、午後は閉まる可能性が大。今の所そんな内容が伝えられています。ただ、これはその時点でわかること。前もって把握できないのが辛いところです。

 

メーデーに閉まる美術館としては、いくつかありますが、特に人気のある場所として、ブランカッチ礼拝堂やラウレンツィアーナ図書館が特に把握しておきたいところかと思います。

 

どうぞお気をつけください。

| フィレンツェ観光ガイドの裏話★ 純子 | 15:38 | comments(0) | trackbacks(0) |
今春 フィエーゾレ巡りを極める

 

今月と5月にフィレンツェにおいでの方におすすめプランはどうあっても、フィエーゾレ散策です。

毎年春が早めに巡ってくるため、実は今がお花が満開の最も良い時期です。

フィエーゾレの町の展望台とは違い、とあるホテルに迷い込み(!)、フィレンツェの街を見下ろしながら庭園の美しさを堪能できます。

 

ミケランジェロの丘から眺める景色とは違い、またフィエーゾレの町の展望台よりもフィレンツェがぐっと目の前にさし迫り、しかも周辺の緑の素晴らしさを堪能できるのはここしかありません。すぐご連絡を!

 

 

立ち寄る場所の一つはスパもあるプチホテル。夕方に訪れてアペリをするのが最も魅力的。お泊まりもおすすめです。

 

 

周辺の散歩道も素敵です。途中の景色。

 

 

坂道に問題がなければ歩いて巡りましょう。最後にはこんなテラスでゆっくりティータイムかディナーはいかがですか。

 

 

一日は街中で美術館とお買い物。二日目は陽光の素晴らしい日なら少しフィレンツェ郊外の緑に囲まれて過ごすのがフィレンツェを満喫するコツではないかと近年つくづく思います。

 

 

フィレンツェすぐお隣のフィエーゾレ散策プランは半日3時間コース150ユーロから(人数で割ってください)。

一人では探せない絶景巡りをします。タクシーで巡るのもありですが、少し歩けるとまた裏道散歩もできて尚良いです。

 

 

| フィレンツェ観光ガイドの裏話★ 純子 | 13:23 | comments(0) | trackbacks(0) |
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ FIRENZE-naviの観光プラン
フィレンツェナビがご用意するスタンダードな観光

団体ツアーでは味わえないスローテンポのフィレンツェ観光はオリジナル・プランならではの醍醐味です。初めてのフィレンツェを無駄なく存分に満喫できるプランが満載。王道の観光スポットだからこそ、ありきたりのツアーとは一味違った濃い内容をご提供致しています。


フィレンツェナビがご用意するワンランクアップの観光

通常は滅多に足を踏み入れられないヴァザーリの回廊に入るプランをはじめとして、ヴェッキオ宮殿内の「秘密の部屋」を見るプラン。職人の街であるフィレンツェの裏道を散策するプラン。フィレンツェならではの綺麗なものを見尽くして頂くプランなどをご用意しています。


フィレンツェナビがご用意する特別限定プラン

こちらはフィレンツェでの季節限定ものや、超のつく限定公開をはじめとしたプランをご用意しています。普通の旅行では絶対に味わうことが出来ないプランが満載です!

+ ビジネス通訳・翻訳のみも可能!

FIRENZE-navi では上記の観光用プランだけではなく「通訳のみ希望」という方にも対応しております。
大規模な見本市・展示会のためのビジネス向け通訳から、雑誌等のコーディネート、個人的な商用等まで幅広く臨機応変にサポート致します。

+ LINKS
+ PROFILE
+ OTHERS
このページの先頭へ