フィレンツェ観光ガイドの裏話。

フィレンツェで働く2人の観光ガイド兼コーディネータが綴る
あれやこれや。 FIRENZE-navi.com 【ブログ版】



上記メインサイトではフィレンツェ県公認のガイドライセンスを持つスタッフがイタリア語通訳・フィレンツェの観光ガイドに関する様々なサービスをご用意しています。あなたの為だけのオリジナルプランでフィレンツェを満喫しませんか?一般の大型ツアーでは味わえない「プラスα」なフィレンツェ旅行を提案。個人旅行の不安を至福に変え、フィレンツェ旅行をワガママに楽しんでいただけるスパイスをご提供致します。

◆フィレンツェで働く2人の観光ガイドが綴るブログは以下◆
2018年5月18日 ガリレオ博物館にて イベント

 

 

 

 

ガリレオガリレイのファンの方、夕方の16時30分から始まります。

 

この講演会の今回のテーマは少し珍しい内容です。ガリレオが住んだ彼の購入しておいた家での生活の様子を探ってみようというもので、ピエラという女中とガリレオのやり取りを語るというのが主なテーマです。近代科学の父がどんな様子で生活を送っていたのかを垣間見ることができそうです。

 

ガリレオが日常情熱を注いだものは?

 

好きな食べ物やワインはどんなものであったか?

 

夕食の準備をする際の女中との会話、科学談義で対決することもあった二人のやり取りを専門家が語ってくれます。

 

通訳とともに講演会を訪れてみましょうか。

 

興味のある方は当日までにお問い合わせを。

 

 

 

 

 

| - | 05:58 | comments(0) | trackbacks(0) |
明日 貴族の館 オープンデイ

 

フィレンツェは街中、郊外にたくさんの貴族の館が存在します。

 

明日は市バスでいける距離にあるSalviatiの館がオープンデイです。

 

是非一緒に見学に行きましょう。普段は一般公開されていない館ですから、この機会を逃すわけには行きません。

 

 

日中、ガイドが館内や庭を案内してくれます。

 

 

コンサート、子供向けサーカスのアクティビティ、その他様々な催し物が開催される日で、近郊で生産される食材の案内、テイスティング等のスタンドが立ちます。去年はジェラート、イタリアンコーヒーや日本酒のテイスティングも実施していました。

 

 

 

ジャムの販売 味見ができて嬉しい。

 

 

見事な屋敷でゆっくり過ごす週末を地元の人たちもとても楽しみにしています。

 

明日1日のみ、時間は10時から16時30分です。急いでお問い合わせください。

 

 

| フィレンツェ観光ガイドの裏話★ 純子 | 07:02 | comments(0) | trackbacks(0) |
お菓子 柔らかいカントゥッチを作る店 

 

中央市場のある地区にフィレンツェ名物のビスケットを売る小さなカントゥッチ屋さんがあります。

 

CANTUCCIは干しぶどうのリキュールワインにつけていただくビスケットで、フィレンツェの郷土料理を出すレストランではまず間違いなくメニューにあるデザートです。リキュールワイン(コーヒーに浸しても美味しい!)に染み込ませていただくので、元々は硬いのですけれども、

 

その柔らかいバージョンを作る店があります。なので食べやすい!

 

 

店先で作っている様子を見学ができるのも嬉しいところ。

いろいろな種類があるため、ミックスして袋に詰めてと頼むこともできます。

例えばスタンダードのアーモンド入りを始め、イチジク入りやチョコレート風味などなど。

 

「フィレンツェ旧市街食べ歩きツアー」でも立ち寄ります。(お問い合わせください)

 

最後にこのカントゥッチのビスケットとコーヒーでしめましょう。甘すぎないのが良いところです。

 

| フィレンツェ観光ガイドの裏話★ 純子 | 06:48 | comments(0) | trackbacks(0) |
連休中のミュージアムの開館時間変更

 

今月30日と翌日のメーデーは各美術館何時に入場できるのか、入場できる可能性がどのくらいなのか、把握しておく必要があります。通常と入場時間帯が違う、もしくは閉めてしまうところもが多々見られるのでご注意を。

 

まず30は月曜日なため基本的にお休みの美術館が多いです。その翌日メーデーにストライキをする可能性のあるところがいくつか見られます。例えば、ウッフィツィ美術館、アカデミア美術館、ピッティ宮殿内の各ミュージアム、ボーボリ庭園の4箇所です。

ウッフィツィなどは午前中13時30分までは基本開けている予定で、午後は閉まる可能性が大。今の所そんな内容が伝えられています。ただ、これはその時点でわかること。前もって把握できないのが辛いところです。

 

メーデーに閉まる美術館としては、いくつかありますが、特に人気のある場所として、ブランカッチ礼拝堂やラウレンツィアーナ図書館が特に把握しておきたいところかと思います。

 

どうぞお気をつけください。

| フィレンツェ観光ガイドの裏話★ 純子 | 15:38 | comments(0) | trackbacks(0) |
今春 フィエーゾレ巡りを極める

 

今月と5月にフィレンツェにおいでの方におすすめプランはどうあっても、フィエーゾレ散策です。

毎年春が早めに巡ってくるため、実は今がお花が満開の最も良い時期です。

フィエーゾレの町の展望台とは違い、とあるホテルに迷い込み(!)、フィレンツェの街を見下ろしながら庭園の美しさを堪能できます。

 

ミケランジェロの丘から眺める景色とは違い、またフィエーゾレの町の展望台よりもフィレンツェがぐっと目の前にさし迫り、しかも周辺の緑の素晴らしさを堪能できるのはここしかありません。すぐご連絡を!

 

 

立ち寄る場所の一つはスパもあるプチホテル。夕方に訪れてアペリをするのが最も魅力的。お泊まりもおすすめです。

 

 

周辺の散歩道も素敵です。途中の景色。

 

 

坂道に問題がなければ歩いて巡りましょう。最後にはこんなテラスでゆっくりティータイムかディナーはいかがですか。

 

 

一日は街中で美術館とお買い物。二日目は陽光の素晴らしい日なら少しフィレンツェ郊外の緑に囲まれて過ごすのがフィレンツェを満喫するコツではないかと近年つくづく思います。

 

 

フィレンツェすぐお隣のフィエーゾレ散策プランは半日3時間コース150ユーロから(人数で割ってください)。

一人では探せない絶景巡りをします。タクシーで巡るのもありですが、少し歩けるとまた裏道散歩もできて尚良いです。

 

 

| フィレンツェ観光ガイドの裏話★ 純子 | 13:23 | comments(0) | trackbacks(0) |
夏のフィレンツェ郊外の滞在 プール付きがいい

 

フィレンツェ街中から15キロくらいの距離で20分くらいでいけるでしょう。タクシーで行ってしまうのもありな距離です。

フィレンツェの良いところはほんの少し車で外に出るとあっという間に自然豊かな別世界。町の良さを味わったあとは、ゆっくりこんな場所で癒されたい、という方には、断然アグリツーリズモのような宿泊施設をオススメします。

 

こちらはレオナルドさんご一家経営の小規模な農家のアグリツーリズモ。彼を中心に彼のご両親、彼のフィアンセで運営されています。部屋数は3つ、夏は部屋数の数少なさもあり、部屋を確保するのが簡単ではない時期も。一部屋は毎年決まったカップルが同じ部屋を一部屋数ヶ月借りているのだそうです。

 

 

ここは若いカップルに特に向いているかもしれません。子供達も写真の手作りプール(!)が素晴らしく魅力的なのでいいのですが、農具がこのようにおいてあるので、危ないかもしれません。。。

 

 

静けさと自然の美しさ、素朴さを大切にする方におすすめ。

 

 

ともかく天国みたいな場所でした。

 

 

魅力はオリーブオイルピッキング体験可能である点。ワインを自家製で作っています。防腐剤のない素朴な味。オススメは特にオリーブオイルです。難点は食事をとれる場所はがないこと。お部屋はキッチン付きなため、自炊ができます。買い物をして行かないとですね。あとは車を利用して外に繰り出し食事をしないといけません。

 

通常アグリツーリズモは車で山道田舎道を進み、お客さんは自分で動くのが基本です。農家の人が送迎のサービスをしてくれるところもありますが、そうでない場所も多いのが普通です。

 

トスカーナのアグリツーリズモの基本的なコンセプトはどうやら農家の人たちは宿泊客の観光のためにサービスを強化することに疲れすぎてしまうことは好ましくなく、本来の農家としてのあり方を訪れる人にありのまま見せていくことにあるようです。その良さを訪ねる人は垣間見に、味わいに来るのですね。訪れる側は泊まる先の農家の方々への、また農家の施設に対するリスペクトが必要です。それがまた訪れる楽しみの一つになっている気がします。

 

トスカーナのアグリはそういったところの見せ方やサービス提供の仕方と、訪れる人の訪問の仕方のバランスが取れているような気がします。

 

自然体、イタリア人の良さですね。

 

 

ここ、レオナルドさんのアグリーツリズモ滞在希望の方、アレンジをお望みの方はご連絡ください。

 

 

 

 

| フィレンツェ観光ガイドの裏話★ 純子 | 06:33 | comments(0) | trackbacks(0) |
トスカーナ 田舎町で 宝探し

 

 

アグリツーリズモは一軒の農家の宿泊施設ですが、トスカーナの田舎の村を丸ごと宿泊施設にしてしまう、その村で暮らすように滞在するというコンセプトの大規模な施設が登場し、地域活性化に大いに役立っています。

 

フィレンツェ郊外、サッカーで知られるエンポリの町と中世塔の町サンジミニャーノの間にあるこの新しいタイプの観光施設の一つを訪ねました。場所的にフィレンツェ、ピサ、シエナ各町に車で1時間でいける場所なのでロケーションが良く、特にこの地域は飛び抜けて風景が素晴らしいのです。

 

 

今日はイースター祭の春休みの時期で、施設はオープンデイ、子供達のためのイースターの卵を探す宝探し大会が模様されました。

なかなかいいオーガナイズで、若いお兄さんとお姉さんたちが4つのグループに分かれた子供達のチームを誘導し、みんなで一斉に自分のチームのカラーの卵をあちこちから探し出します。例えば植木のしげみの中とか。でも教会の中は対象外だそうです。もっともなことですが。

 

 

我がチームはブルーなので、ブルーの卵だけを探しました。金の卵もあり、それは得点が高いのでどのチームも懸命に手に入れようと真剣でした。

 

 

最終的に卵の数と金の卵の数を計算し、優勝チームが決定!トロフィーはこれまた巨大な卵。中身はチョコレート。

 

 

そのあとはみんなでおやつタイム。施設からのサービスです。普段はトスカーナ地方の田舎町でリラックスするのを目的に訪れる中高レベルの観光客のための施設。サウナからゴルフ場まで足りない施設はない充実した環境。年に一度オープンデイを設けるのは良い宣伝になるはずです。近郊地元の人は結婚式やお祝いの行事に使うでしょう。

 

 

廃屋と化した人里離れた小さな村が再生し、今や魅力の隠れ家に。疲れた都会人が心身を癒しに週末に訪れるのを待っています。村復興の良い事業と思われます。

 

| フィレンツェの日常生活★ 純子 | 17:23 | comments(0) | trackbacks(0) |
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ FIRENZE-naviの観光プラン
フィレンツェナビがご用意するスタンダードな観光

団体ツアーでは味わえないスローテンポのフィレンツェ観光はオリジナル・プランならではの醍醐味です。初めてのフィレンツェを無駄なく存分に満喫できるプランが満載。王道の観光スポットだからこそ、ありきたりのツアーとは一味違った濃い内容をご提供致しています。


フィレンツェナビがご用意するワンランクアップの観光

通常は滅多に足を踏み入れられないヴァザーリの回廊に入るプランをはじめとして、ヴェッキオ宮殿内の「秘密の部屋」を見るプラン。職人の街であるフィレンツェの裏道を散策するプラン。フィレンツェならではの綺麗なものを見尽くして頂くプランなどをご用意しています。


フィレンツェナビがご用意する特別限定プラン

こちらはフィレンツェでの季節限定ものや、超のつく限定公開をはじめとしたプランをご用意しています。普通の旅行では絶対に味わうことが出来ないプランが満載です!

+ ビジネス通訳・翻訳のみも可能!

FIRENZE-navi では上記の観光用プランだけではなく「通訳のみ希望」という方にも対応しております。
大規模な見本市・展示会のためのビジネス向け通訳から、雑誌等のコーディネート、個人的な商用等まで幅広く臨機応変にサポート致します。

+ LINKS
+ PROFILE
+ OTHERS
このページの先頭へ