フィレンツェ観光ガイドの裏話。

フィレンツェで働く2人の観光ガイド兼コーディネータが綴る
あれやこれや。 FIRENZE-navi.com 【ブログ版】



上記メインサイトではフィレンツェ県公認のガイドライセンスを持つスタッフがイタリア語通訳・フィレンツェの観光ガイドに関する様々なサービスをご用意しています。あなたの為だけのオリジナルプランでフィレンツェを満喫しませんか?一般の大型ツアーでは味わえない「プラスα」なフィレンツェ旅行を提案。個人旅行の不安を至福に変え、フィレンツェ旅行をワガママに楽しんでいただけるスパイスをご提供致します。

◆フィレンツェで働く2人の観光ガイドが綴るブログは以下◆
フォーシーズンズのビジネスランチ

すっかり街中のイルミネーションも始まりマーケットも開かれ、クリスマスの雰囲気たっぷりのフィレンツェです。昨日はフォーシーズンズホテルのビジネスランチ(これが週変わりのメニューでお得なランチなのです)に行って参りました。

ロビーにもこんなツリーが。。

 

 

 

奥のバールの所もすっかりクリスマスの飾り付けで美しくなっておりました。

 

 

 

 

 

メインダイニングのレストランは朝と夜しか開いていないので、ランチは季節の良い時は外でも食べられるようですが、外でお食事するにはちょっと寒過ぎる気候ですので、今日は中のバールの空間でいただきました。

肝心のお料理ですが、まずは前菜もしくはプリモから1品頼めるので、バッカラ(塩鱈)のマンテカートをパプリカとお料理したもの。イタリアの国旗を意識してか、3色でデコレーションされていて可愛いです。

 

 

 

今日はお魚メニューにしようと決めていたので、メインはスズキのムニエル。素材の味がしっかり生かされている美味しい一品でした。

 

 

 

ここのバールの雰囲気はゆったりと落ち着けるので、何だかいつも長い事のんびり過ごしてしまうのですが、折角なのでドルチェもいただくことに。色々ある中から今日はフィナンシェをいただきました。中にラズベリーが入っていて超好み。

 

 

 

珍しく一緒に行った友人達、皆同じメニューをチョイスしたので、違うのはドルチェだけ。

ということで、他の人が食べていたコーヒーのタルトとクレーム・ブリュレ。

 

 

 

 

 

 

 

| フィレンツェ観光ガイドの裏話★ 真樹 | 02:23 | comments(0) | trackbacks(0) |
Museo del Duomo
フィレンツェの大聖堂美術館、長い修復を終えて昨年から再オープンしました。ずっとバタバタと忙しく新しくなった美術館を観に行く時間がなかったのですが、先日仕事の用事があったので行って参りました。
洗礼堂の東門、通常”天国の扉”と呼ばれているロレンツォ・ギベルティ作のブロンズ製の扉です。現在洗礼堂にあるのはレプリカで、本物はこちらの美術館で観る事ができます。


 

こちらはルネッサンス初期に活躍したドナテッロ作のマグダラのマリア。綺麗な女性の姿で表現される事が多いマグダラのマリアですが、この彫刻は老婆です。最初にこの彫刻を観た時の衝撃は忘れられないのですが、改装された美術館ではライトの当て方なのか、ますます迫力ある感じです。


 

ミケランジェロ作のピエタ。昔の美術館では階段の踊り場の小さな部屋に置かれていたのですが、新しい美術館ではちょっとシアター風の部屋にこれだけが置かれています。この演出、素敵ですよね。


 

カントゥリアは以前と同じ部屋にありました。同じ作品でも置かれ方やライトの具合でずいぶん印象が変わります。新しい美術館の配置や展示の仕方はセンス良く、とても気に入りました。

 

あと、今までなかったのが、こちらのテラス。クーポラをものすごい間近で観ることができます。
美術館のチケットは洗礼堂脇のチケットオフィスで購入できて15ユーロ。クーポラやジョットの鐘楼、洗礼堂などの入場券とセットでこのお値段なので、決して高くありません。クーポラやジョットの鐘楼で街のパノラマを楽しんだ後は、こちらの美術館へも是非!

| フィレンツェ観光ガイドの裏話★ 真樹 | 01:30 | comments(0) | trackbacks(0) |
職人さんの工房
アルノ川のサントスピリト教会広場にある職人さんの工房Carlo Cecchi。以前ガイドのライセンスを取るための養成コースに通っている時に授業で連れてきてもらいました。銀や七宝などの加工で素晴らしい作品が作り出されていきます。
時々お客様のリクエストで職人さんの工房を見学したい場合にもお願いすることがある工房なのですが、小さな昔からの工房なので予約が必要です。





工房のご主人ジュリアーノさんは、この道50年以上のベテランです。10代からこの工房でずっと働いているのだとか。工房の名前Carlo Cecchiというのはジュリアーノさんのお師匠さんの名前でした。


 

もう1人の職人さん。ここでは某有名教会付属薬局で売っている商品や、DiorやGucciといった大きなメゾンの名刺入れやら額縁なども作っているそうです。


 
素敵な工房なのですが後継者がまだ現れないらしく、職人さんの伝統的な技術を身につけたい!という若者が出て来てくれることを、陰ながら願うばかりです。

 
| フィレンツェ観光ガイドの裏話★ 真樹 | 16:42 | comments(0) | trackbacks(0) |
Antico setificio fiorentino
フィレンツェのアルノ川の向こう側、オルトラルノにあるAntico setificio fiorentino。古いものでは1500年代の織機を使い今でも昔ながらの美しいシルクの織物を作っている工場です。
もうかれこれ20くらい前に日本の京都の着物職人の方達を呼んで着物の展覧会をオーガナイズした時に、職人さん達を連れて見学に行った以来ずっとご無沙汰していたのですが、先日フィレンツェをご案内したお客様をお連れしてみました。


 

ショールームいっぱいに置かれたシルクの布たち。美しい光沢のものや、昔ながらの織り模様の布など、見ているだけで幸せな気分になります。




 

ほのかに良い香りもする、と思ったら、そうでした。ここのシルクってサンタマリアノヴェッラ教会薬局のポプリの袋にも使われているんですよね。他にもフィレンツェの名門貴族の家の柄の織り込まれた布などもあり、お客様も色々迷ってお求めになっていました。



ショールームでお買い物の後、今もまだ手作業で織っている工場の見学もさせてもらいました。1日で数10センチくらいしか織れないという織り機もあるようですし大変な作業。。工場だけも見学(有料)もできるそうです。




 
| フィレンツェ観光ガイドの裏話★ 真樹 | 05:01 | comments(0) | trackbacks(0) |
KOTO RAMEN
ずいぶん前からあるBanki Ramenはいつも長い行列ができているし、どこの和食レストランでも最近はラーメンメニューを置いているし、噂ではまだあと2軒くらいラーメン屋さんが開く予定とか?なぜかラーメンブームのフィレンツェですが、この間オープンしたばかりのKOTO RAMENに行ってきました。
先に行ったことのある友人達が色々コメントしていたので、ラーメン以外にもまずは唐揚げと餃子を頼み日本のビールで乾杯です。



 

一緒に行った友人は味噌ラーメンを、私は担々麺を頼んでみました。量が少ないかと思い大盛りを頼んだら、結構途中でお腹いっぱいに!なかなか美味しい、と思ったのですが、日本で実はあまりラーメンを食べないので、もしかして日本でラーメンを食べ慣れている人にとっては少し?なのかしら?などとも思いつつ。。




 

友人も私も甘い物には目がないので、デザートは3つ全部頼んでシェアしてみました。
美味しい!けれど、もう少し大きくても良いかもねーというくらい、かわいらしいサイズです。


 
KOTO RAMEN
Via Verdi 42R
Tel.055 2479477
19:00〜(麺がなくなり次第閉店)
火休
| フィレンツェ観光ガイドの裏話★ 真樹 | 03:41 | comments(0) | trackbacks(0) |
Accademia Bartolomeo Cristofori
フィレンツェの中心街、アルノ川の向こう側にあるTasso広場近くのAccademia Bartolomeo Cristoforiはピアノを創ったバルトロメオ・クリストフォリから名前を取った音楽学校です。ひっそりと郵便受けに名前が書いてあるだけで、うっかり見逃してしまいそうな佇まいですが、中には音楽学校の他に楽器の修復工房と鍵盤楽器のコレクションもあり、まるで美術館のよう。。



中に入って行くと奥の方にはコンサートができるお部屋もあります。何度かフォルテピアノのコンサートを聴きに来た事があるのですが、今日はこちらの創始者でもあり素晴らしい演奏家でもあるフィウッツィ先生の講演があるとのこと伺ってきました。ピアノが生まれた頃の時代背景や、色々なエピソードをお話され、産業革命のイギリスあたりの話で時間が来てしまい、これからいよいよピアノがどのように普及されていくかという面白い所で終わってしまい残念でしたが、次回続きをお話しただける機会を設けてくれるそうで、楽しみです。


 

鍵盤楽器のコレクションも素晴らしく、見応えがありました。こちらは入口近くにおかれていた18世紀のウィーン製のもの。



黒鍵の鍵盤が裏側にもうひとつ着いているという珍しい楽器でした。

| フィレンツェ観光ガイドの裏話★ 真樹 | 03:01 | comments(0) | trackbacks(0) |
Gelateria de' Medici
もともとベッカリア広場には美味しいジェラート屋さんがあったのですが、少し前に閉店してしまい残念に思っていたところ、同じ場所にジェラート屋さんがオープンしました。しかも美味しいジェラート店ランキングにはいつも名前が出ているGelateria de' Mediciです。オープニングということで、お店の前にはフィレンツェ人達がいっぱい!



 
こちらのジェラート屋さん、もとはStatutoというフィレンツェのローカル駅近くにあり少し行きにくい場所だったのですが、ベッカリア広場でしたらサンタクローチェ教会などからも近く便利になりました。
何と言っても味のチョイスが沢山あり、全部で44種類とか!
 

 

毎回どれも美味しそうで選ぶのが大変なのですが、今日はCrema di Medici(メディチのクリーム)と大好きなラズベリーをいただきました。クリームの方にはチョコレート味のクッキーも入っていてクッキークリームの手作り版という感じ。ラズベリーの甘酸っぱい味とも良く合い、満足です。


 

普通のジェラートの他に、果物の中にシャーベットが入ったものやジェラートケーキなども、見た目の綺麗さもさながら美味しそう。。お寿司の形をしたジェラートまで発見!


 
Gelateria de' Medici
Piazza Beccaria 7R
 
| フィレンツェ観光ガイドの裏話★ 真樹 | 20:38 | comments(0) | trackbacks(0) |
パネットーネ
Buon Natale!!
楽しいクリスマスを過ごされましたでしょうか?
イタリアのクリスマスは日本のお正月の様に家族で過ごすのですが、25日のお昼は盛大にご飯を食べます。(それも夕方くらいにやっと食べ終わる感じ。。汗)地方によっては24日の夜からご馳走が出たり、今日26日の聖ステファノの祝日もご馳走だったり。。この時必ず食べるパネットーネ。うす甘いパンみたくて最初は???という感じだったのですが、食べているうちに好きになってしまうクリスマスのお菓子です。
今年は大聖堂近くのエノテカアレッシというワインやお菓子を扱うお店で味見をしたのがきっかけで、こちらを買うことに。。
ヴィチェンツァのフィリッピという所のパネットーネです。


 

もともとパネットーネはミラノのお菓子なので、毎年ミラノのBiffiという所のパネットーネを買っていました。どこのも同じ味!と言う人もいますが、なかなかどうして、かなりメーカーに寄って味も何もかも違うんです。



家族にも大好評だったこちらのパネットーネ。生地のしっとり感もさることながら、何と言っても上質な卵を使っているとわかるこの生地の色!これを食べてしまうとスーパーで大量に売っているパサパサのパネットーネは食べたくなくなってしまいます。



そして昨日は満月だったので、パネットーネのようなまん丸なお月様が出ていました。なんだか良い事ありそうですね。

| フィレンツェ観光ガイドの裏話★ 真樹 | 23:43 | comments(0) | trackbacks(0) |
Via del Te
イタリアはバールで美味しいコーヒーを立ち飲みする人は多く、その味や飲み方にこだわりがあるという人も多いのですが、お茶の文化はあまりなくて高級ホテルでもトワイニングのティーバックが出てきてガッカリということもあります。。
フィレンツェに昔からあるお茶の専門店、Via del Teのティールーム、ゆっくりできて良いという噂を聞きつつなかなか来れなかったのですが、やっとお茶の時間に来れました!



お店の中はすっかりクリスマス。。クリスマスのプレゼントにとお茶を買う人も多いようで、沢山の人がキャッシャーに並んでいました。皆お店の人のアドバイスを受けながら色々な種類のお茶を選んでいました。



なにしろ200種類以上のお茶と70種類以上のハーブティーがあるので、その中から今日のお茶を選ぶのは大変ですが、楽しみでもあります。そして、お菓子も色々とあって美味しそう。。



今日はこの中から可愛らしいカップケーキのトリオを選びました。



というのも、クリスマススペシャルメニューでクリスマスブレンドのお茶の中から1つ選んで、このカップケーキとセットというのがあったのです。なんとなくクリスマス近くなるとシナモンやオレンジベースのお茶が飲みたくなってしまいます。ポットサービスで(しかもこんな可愛いクッションに乗って)出てくるのも嬉しいですね。



美味しいお茶で、すっかり暖まりました。お菓子も程よい甘さで美味しかったです!


 
Via del Te
Via di Santo Spirito 11 
Tel.055280749
月朝休み
月15:30-20:00
火〜日11:00-20:00
*サンタンブロージョ店にもティールームがあります
| フィレンツェ観光ガイドの裏話★ 真樹 | 17:10 | comments(0) | trackbacks(0) |
韓国アペリチェーナ
イタリアでアペリティーヴォというと食前酒を飲みながらおつまみを食べて、というもので、お夕飯ほどしっかりしたものは食べませんがお店に寄ってはおつまみ食べてお腹いっぱいなんてこともあります。
昨日行ったアペリチェーナ、つまりアペリティーヴォとチェーナ(cenaは夕食のこと)の間くらい?のサービスということでしょうか。フィレンツェの韓国料理レストランでした。
ビュッフェスタイルでしたので、ずらりと並んだ美味しいお料理から好きな物を好きなだけ取って良いんです。


あれも、これも美味しそうと取ってるうちに、こんなことに。。



飲み物とトッポギ&キムパブのお皿はお店の方が運んでくれます。昨日は珍しくメナブレアビールをいただきました。


お店の内装は落ち着いていて、とても綺麗。今日のアペリチェーナはこんなに色々食べられて飲み物もついて15ユーロというとってもお得感のあるものでした。


GOONG   Ristorante Coreano
Borgo Ognissanti 68R
Tel. 055 281085

 
| フィレンツェ観光ガイドの裏話★ 真樹 | 03:17 | comments(0) | trackbacks(0) |
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ FIRENZE-naviの観光プラン
フィレンツェナビがご用意するスタンダードな観光

団体ツアーでは味わえないスローテンポのフィレンツェ観光はオリジナル・プランならではの醍醐味です。初めてのフィレンツェを無駄なく存分に満喫できるプランが満載。王道の観光スポットだからこそ、ありきたりのツアーとは一味違った濃い内容をご提供致しています。


フィレンツェナビがご用意するワンランクアップの観光

通常は滅多に足を踏み入れられないヴァザーリの回廊に入るプランをはじめとして、ヴェッキオ宮殿内の「秘密の部屋」を見るプラン。職人の街であるフィレンツェの裏道を散策するプラン。フィレンツェならではの綺麗なものを見尽くして頂くプランなどをご用意しています。


フィレンツェナビがご用意する特別限定プラン

こちらはフィレンツェでの季節限定ものや、超のつく限定公開をはじめとしたプランをご用意しています。普通の旅行では絶対に味わうことが出来ないプランが満載です!

+ ビジネス通訳・翻訳のみも可能!

FIRENZE-navi では上記の観光用プランだけではなく「通訳のみ希望」という方にも対応しております。
大規模な見本市・展示会のためのビジネス向け通訳から、雑誌等のコーディネート、個人的な商用等まで幅広く臨機応変にサポート致します。

+ LINKS
+ PROFILE
+ OTHERS
このページの先頭へ