フィレンツェ観光ガイドの裏話。

フィレンツェで働く2人の観光ガイド兼コーディネータが綴る
あれやこれや。 FIRENZE-navi.com 【ブログ版】



上記メインサイトではフィレンツェ県公認のガイドライセンスを持つスタッフがイタリア語通訳・フィレンツェの観光ガイドに関する様々なサービスをご用意しています。あなたの為だけのオリジナルプランでフィレンツェを満喫しませんか?一般の大型ツアーでは味わえない「プラスα」なフィレンツェ旅行を提案。個人旅行の不安を至福に変え、フィレンツェ旅行をワガママに楽しんでいただけるスパイスをご提供致します。

◆フィレンツェで働く2人の観光ガイドが綴るブログは以下◆
9月の海
7月、8月は週末ともなると海は人で大賑わいなのですが、9月はバカンスシーズンも終わり人は少なく(特にイタリア人が!)のんびりゆっくり過ごすにはもってこいの時期です。先日は日帰りでトスカーナのCecinaへ行きましたが、この週末はいつものLiguriaへ。海の美しさはトスカーナの海とは比べ物になりません。。

     


フィレンツェはあまりお天気が良くなかったようですが、運良く海沿いはずっと良いお天気に恵まれました。唯一フィレンツェへ戻る今日だけが曇り空、そしてお昼過ぎにはお天気雨に。

     


帰りの高速道路では、大きな虹を見ました。虹を見ると何だか良いことがありそうな気分になります。

     
| バカンス | 04:37 | comments(0) | trackbacks(0) |
Cecinaへ
8月の海辺は人だらけで、あまり行く気がしないのですが、バカンスへ出かけていたイタリア人達がそろそろ街へ帰ってきた頃なので、日帰りで海へ!フィレンツェから車で1時間半くらい、リヴォルノの近くCecinaへ行ってきました。


     


太陽が燦々と照る昼間よりも、夕方の柔らかい太陽光の頃が好きなので、朝から出かけて日が暮れるまで海で遊んでいました。

     


やはり海ですのでランチには海の幸を、ということで、海鮮ラグーのペンネをいただきました。

     


リヴォルノから近いのでリヴォルノの名物料理Caciucco(カチュッコというブイヤベースのような魚介のスープ)を友人は食べていました。

     
| バカンス | 01:43 | comments(0) | trackbacks(0) |
山のごはん
山バカンスでも美味しいものを沢山食べておりました。山のホテルはたいていMezzapensioneといって朝食、夕食がついているのですが、泊まったホテルのご飯の美味しいこと!まずはビュッフェでそれはもう色々な種類の前菜が楽しめるのです。

     


前菜の後、パスタの前にスープがジュースを選べるのですが、初日は不思議だったのでジュースを頼んでみました。ヨーグルトとラズベリーのジュース。(翌日からはデザートでもないのに食事の途中で甘い物をいただくのに抵抗があり、スープをとることにしましたが。。)

    


ホテルの食事はその後パスタ、メインと続くのですが、ホテル以外でもトレッキングの途中で山独特の美味しいものを食べました。
まずはカイザーシュマーレンというくずれたクレープのような(?)卵焼きに赤いベリーのジャムと粉砂糖がかかっているお菓子です。ウィーンでも食べたことがあったと思うのですが、山で沢山歩いた後にRadlerと言われるビールとレモネードを割った飲み物といただくと、なんだか違う感じがしました。

        


これは小さな村のお祭りで食べたCajinciというフライで、中にほうれん草とリコッタチーズが入っているものと、ケシの実が入っているものと2種類の味がありました。

     


飲み物で気に入ったのが、Fiori di Sambucoのジュースです。この味のキャンディが大好きで良く食べていたのですがジュースを飲むのは初めてでした。あまりに美味しかったので、水で溶いてジュースになるシロップをお土産に買ってしまいました。

        


山小屋でお昼に食べていたのが、こちらクネーデル。ブロードのスープに入っているので、身体が温まります。

     


イタリアなのに、やはりドイツやオーストリアに近いせいか、ウインナーやクラウトというキャベツの酢漬けが美味しかったです。

     


せっかく毎日4、5時間歩いていたのに、これだけ食べていれば痩せるはずがありません!帰ってきてフィレンツェの友人達には、顔が丸くなったと言われる始末。。9月はジム通いの1ヶ月となりそうです。

| バカンス | 01:14 | comments(0) | trackbacks(0) |
腰線美のココナツ売り


夏場はフィレンツェの街中でも屋台で売っています。
水やスナック菓子、果物と一緒に店先に並ぶココナツ。

海では「ココナツ売り」が砂浜を行き来し商売をする姿が良く見受けられます。「コッコー!コッコー!」という声が聞こえて来ると、ああ、ココナツ売りだなとすぐわかるのです。(イタリア語でココナツを cocco というので、このように叫んで売り歩くのです)



腰のラインの妙に美しいお兄さん、歩く姿のどこか華奢な美しさとは裏腹に、「ココナツだよー、ココナツはいらんかねー!」の声が海辺地元の強烈な言葉のなまりを感じさせ。そのギャップが印象的でした。

| バカンス | 04:51 | comments(0) | trackbacks(0) |
タヒチの美味しいもの
まずは朝ごはん。フランス人の友人宅にお邪魔したので、朝ごはんはクロワッサンが欠かせませんでした。

     


これはTartifletteと呼ばれるジャガイモとチーズのグラタンのようなお料理。カロリー爆弾のような一品ですが、美味しかった。

     


そしてフランス人の作るお料理と言えばやはりこれ。もちろんお手製クレープも御馳走になりました。中身はハムとチーズで、これだけでお腹いっぱい。

     


と言いつつ、デザートには甘いクレープもぺロリ。お気に入りはライムと砂糖でシンプルにいただくクレープ。

         


道端でタヒチ人達がバナナ等の果物を並べて売っているのですが、マンゴーの美味しかったこと。

         


パパイヤも日本で食べたパパイアとは比べ物にならない程甘くて濃厚な味でした。

          


これはマヒマヒというお魚をサンドイッチにしたもの。

      


タヒチの花ティアレのアイスクリーム(本当にティアレの香りが一口食べるごとに口の中に広がりました)とマルケーゼのはちみつ味のアイスクリーム。

          
| バカンス | 00:53 | comments(0) | trackbacks(0) |
そしてボラボラ島
ハワイの後は友人を訪ねてボラボラ島へ。まずはタヒチ島のパペーテまで飛んで1泊したのですが、早朝から津波警報で起こされ、空港は閉鎖。しかし待てど暮らせど津波は来なくて飛行機は4時間遅れでパペーテを飛び立ちました。
飛行機から見たタヒチの島々。なんという海の色でしょう!

         


飛行機の窓ガラス越しで、この美しさですから実際の海の色はもっともっと綺麗なのです。

         


飛行機の座席に貼ってある注意事項。タヒチ語は全くわかりませんが、響きは可愛らしい感じ。まずは”こんにちは”のIA ORANAと”ありがとう”のMAURUURUをおぼえました。

      


ここは滞在中よく訪れたMATILAビーチ。雨季の為毎日雨が降っていましたが、1日中降るということはなく、雨があがるとビーチへ行って・・という毎日でした。


      


友人宅のマンゴーの木。季節にはアップルマンゴーと呼ばれる真っ赤な実のマンゴーが沢山なっていたとか。

      
| バカンス | 00:47 | comments(0) | trackbacks(0) |
ハワイでみつけた美味しいもの
ハワイのローカルフード、もちろん食べてみたい気持ちもありましたが、まず最近エビなどの甲殻類でアレルギーが出がちなのと、去年ロンドンで食べたグレービーソースで気持ちが悪くなって以来、ロコモコも食べる気にならず、もっぱらローカルでないものを食べていたような感じでした。
こちらは滞在中にお気に入りになったグアバジュース。ハワイのコンビニ?ABCストアなどで1ドル以下で売っているにもかかわらず、美味しいジュースでした。

      


コンビニやスーパーなどで見かけて気になっていたスパムむすび。醤油漬け(?)されたスパムのおむすびで、不思議な味。ものすごく美味しいものではないけれど、ハワイにしかなさそうなので味見。

      


マンゴーティーにマンゴーアイスをフロートしたもの。ショッピングの途中でお茶をした時にいただきました。

         


ハワイ滞在中に食べたもので、もう一度食べたいと思ったのが、こちらのハンバーガー。天国の海と言われるカイルアで食べたテディーズ・ビガー・バーガーズのハンバーガー。レストランランキングのバーガー部門でも賞を続けて取っているハンバーガーなのだとか。

      
| バカンス | 18:51 | comments(0) | trackbacks(0) |
氷上舞台に魚たち


夏のある魚屋で。

いろいろな魚がすまして並んでいまして、それも初対面のべっぴんさんが多いのです。(というか、見たことがなく買うのに勇気がいります...。)

名前とイメージと、日本の魚屋で見かけるべっぴんさんたちとは違い、戸惑うものです。さて、どう料理したら良いかな?

どうやらこれは pesce stella と魚屋の主人がよんでいたような記憶があります。pesce (魚) stella(星)とはまたずいぶんスマートなお名前だこと。 



おそらくアフリカチヌと日本ではよぶようです。このさりげない美人(美魚?) sarago は良く見かけます。 



サメ科のなんという魚の切り身だったかな、おぼえていませんが。

「そこのあなた、もらっていってよ...。」と声をかけられたような気がします...。







| バカンス | 05:59 | comments(0) | trackbacks(0) |
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ FIRENZE-naviの観光プラン
フィレンツェナビがご用意するスタンダードな観光

団体ツアーでは味わえないスローテンポのフィレンツェ観光はオリジナル・プランならではの醍醐味です。初めてのフィレンツェを無駄なく存分に満喫できるプランが満載。王道の観光スポットだからこそ、ありきたりのツアーとは一味違った濃い内容をご提供致しています。


フィレンツェナビがご用意するワンランクアップの観光

通常は滅多に足を踏み入れられないヴァザーリの回廊に入るプランをはじめとして、ヴェッキオ宮殿内の「秘密の部屋」を見るプラン。職人の街であるフィレンツェの裏道を散策するプラン。フィレンツェならではの綺麗なものを見尽くして頂くプランなどをご用意しています。


フィレンツェナビがご用意する特別限定プラン

こちらはフィレンツェでの季節限定ものや、超のつく限定公開をはじめとしたプランをご用意しています。普通の旅行では絶対に味わうことが出来ないプランが満載です!

+ ビジネス通訳・翻訳のみも可能!

FIRENZE-navi では上記の観光用プランだけではなく「通訳のみ希望」という方にも対応しております。
大規模な見本市・展示会のためのビジネス向け通訳から、雑誌等のコーディネート、個人的な商用等まで幅広く臨機応変にサポート致します。

+ LINKS
+ PROFILE
+ OTHERS
このページの先頭へ