フィレンツェ観光ガイドの裏話。

フィレンツェで働く2人の観光ガイド兼コーディネータが綴る
あれやこれや。 FIRENZE-navi.com 【ブログ版】



上記メインサイトではフィレンツェ県公認のガイドライセンスを持つスタッフがイタリア語通訳・フィレンツェの観光ガイドに関する様々なサービスをご用意しています。あなたの為だけのオリジナルプランでフィレンツェを満喫しませんか?一般の大型ツアーでは味わえない「プラスα」なフィレンツェ旅行を提案。個人旅行の不安を至福に変え、フィレンツェ旅行をワガママに楽しんでいただけるスパイスをご提供致します。

◆フィレンツェで働く2人の観光ガイドが綴るブログは以下◆
コロナ時代を生きる 病院に従事する看護師が語る フィレンツェ

 

看護師の同僚と モニカさん(右)

 

フィレンツェ市は人口約37万人という街の規模で、大型の病院がすぐ周辺に3つ存在し、小児科総合病院を始めそのほかの幾つもの専門的施設を考慮すると病院施設が充実している街といえるでしょう。今回は、街中心部より南へ6キロ程離れた場所に位置するSanta Maria Assunta病院で働く看護師モニカさんにコロナの状況下にある勤め先の様子をお話いただきました。

 

彼女は長年この病院に従事する救急病棟の看護婦で、同僚と共に日々懸命に闊達と仕事に当たっている姿がこの写真から感じられます。この写真は先月撮影されたもの。彼女が働く病院はコロナ感染者収容の病院として認可され、周辺地域のコロナ感染の疑いがある人が来院します。隣の市にある別の病院がコロナ感染者以外の患者を受け入れるという形でテリトリーごとにオーガナイズがとられています。とはいえ、この病院内にも未感染者の病棟は存在し、covid19の患者用とそれ以外の患者用に病院内の通路や各部屋がくっきり隔てられたため、館内の様相は大きく変容、おそらく来院経験者もあまりの変わりように何がどこにあるのか全くわからないだろうとのこと。

 

病院の入り口にチェックイン用スペースが特設され、来院者はコロナ患者、それ以外の患者、また緊急を要する患者、そうでない患者と様子を把握して案内されていきます。コロナの緊急事態に陥ってからこの病院ではこのようなオーガナイズがスムーズに形作られ、混乱に陥ることはなかった、院内スタッフも医師から清掃スタッフに至るまで皆で一丸となってコロナ対策を含む患者のケアという、同じ目的のために仕事に従事していると、モニカさんはとても誇らしげに満足そうに話していました。

 

 

近年の伊政治による医療分野の人件費削減がここへきて人員不足につながり、病院はこの3月急遽新たな看護師や医療スタッフを雇ったそうです。ただ、南イタリアから急遽呼ばれて病院に配属されたナポリ出身の看護師が土地勘がない中アパートを探しながら仕事につき始めたり、または新卒で経験がない者が多くいたりと、事前に病院内で働いていた者が各ポジションにつかざるおえない大変さがあるそうです。

 

労働時間が増えたのはコロナ感染者が増え始めた最初の時だけで、今は通常通りの労働状況で勤めているとのこと。モニカさんの場合は朝6時から13時まで、もしくは13時から20時までのどちらかのシフトで労働。

 

ICU患者の状況を除き、看護師の視点から見て現場の特筆すべき状況は、コロナの患者はとても孤独であるということ。

 

ただでさえ、高齢者の患者が多く、普段なら毎日でも受けられる家族や友人からのお見舞いがないわけです。一人一人が寂しい思いをしながら過ごしているのを強く感じるのだそうです。看護師達は少しでもその辛さを和らげようといつにも増して患者への対応に工夫をするが、自らも医療用防具に身を包まれ、宇宙服を着ているような状態で、温かみの伝わる身体的言語的コミュニケーション力を発揮できないのが歯痒いそうです。

 

ジョークを言ったり、ジェスチャーや目線で創意工夫をするように努めたり。そんな状況に当初はモニカさんは落ち込み、自らの能力や努力の上を行く困難さに喘いでいましたが、ある時友人の励ましから、自らの態度を改め心機一転できたのだそうです。それは「出来ない自分に落ち込むより、今の状態でできることを最大限に発揮し最善を尽くそう」と思うようになったこと。それからは職場でも元気に活動できるようになり元気を取り戻しました。

 

今日はこれからスーパーの買い物に行き、その後出動だそう。フィレンツェ 周辺地域では少なくともこのコロナの自粛隔離体制に入ってから、医療分野に従事する人はスーパーなどで並ばず優先的に入れるなど、少しでも病院出勤に支障がないようにとの措置があります。

 

今の時期の病院の現象として、通常多い老人の怪我などが減り(動かず家にいるから)、また重症でない限り人は病院を訪ねないという傾向性がある為、それは病院がコロナ患者をケアするのに大いに役立っているそうです。

 

同じ看護師達と励ましあいながら日々出勤している彼女の語る声はとても厚みのある暖かさをたたえ私の耳に響きました。

 

| フィレンツェの日常生活★ 純子 | 05:40 | comments(0) | - |









   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ FIRENZE-naviの観光プラン
フィレンツェナビがご用意するスタンダードな観光

団体ツアーでは味わえないスローテンポのフィレンツェ観光はオリジナル・プランならではの醍醐味です。初めてのフィレンツェを無駄なく存分に満喫できるプランが満載。王道の観光スポットだからこそ、ありきたりのツアーとは一味違った濃い内容をご提供致しています。


フィレンツェナビがご用意するワンランクアップの観光

通常は滅多に足を踏み入れられないヴァザーリの回廊に入るプランをはじめとして、ヴェッキオ宮殿内の「秘密の部屋」を見るプラン。職人の街であるフィレンツェの裏道を散策するプラン。フィレンツェならではの綺麗なものを見尽くして頂くプランなどをご用意しています。


フィレンツェナビがご用意する特別限定プラン

こちらはフィレンツェでの季節限定ものや、超のつく限定公開をはじめとしたプランをご用意しています。普通の旅行では絶対に味わうことが出来ないプランが満載です!

+ ビジネス通訳・翻訳のみも可能!

FIRENZE-navi では上記の観光用プランだけではなく「通訳のみ希望」という方にも対応しております。
大規模な見本市・展示会のためのビジネス向け通訳から、雑誌等のコーディネート、個人的な商用等まで幅広く臨機応変にサポート致します。

+ LINKS
+ PROFILE
+ OTHERS
このページの先頭へ