フィレンツェ観光ガイドの裏話。

フィレンツェで働く2人の観光ガイド兼コーディネータが綴る
あれやこれや。 FIRENZE-navi.com 【ブログ版】



上記メインサイトではフィレンツェ県公認のガイドライセンスを持つスタッフがイタリア語通訳・フィレンツェの観光ガイドに関する様々なサービスをご用意しています。あなたの為だけのオリジナルプランでフィレンツェを満喫しませんか?一般の大型ツアーでは味わえない「プラスα」なフィレンツェ旅行を提案。個人旅行の不安を至福に変え、フィレンツェ旅行をワガママに楽しんでいただけるスパイスをご提供致します。

◆フィレンツェで働く2人の観光ガイドが綴るブログは以下◆
陣痛を80%軽減するメソッド フィレンツェ生まれ

 

 

実は私、フィレンツェで「80%の陣痛を取り去るお産」を体験しました!

注射も薬も使わない、自然分娩です。これはフィレンツェのとある女史が開発したメソッドで、私は二人の子供のお産にいずれもこの方法を取り入れて、かなりの陣痛から解放され、お産に望むことが出来ました!

 

私が一人目の子を身篭ったのは今からやく14年前。ちょうどその頃、地域の保健所では音楽療法を取り入れた新ママさん学級が開かれたり、ベテランの優しい助産婦さんに指導して頂いたり、不思議と素晴らしいスタッフに恵まれて妊娠期を過ごすことが出来ました。ある日、私の産婦人科の女医さんが、この「80%の陣痛を取り去るお産」について話してくれました。

 

彼女のお墨付きならと、時は妊娠5ヶ月、私は早速この女史のワークショップ会場を訪れました。女史は元々、カイロプラティックなどのように背中が痛い場合などに役立つ、フェルデンクライスメソッドを学んでおり、その知識を元に、お産時の陣痛をかなり軽くするメソッドを独自に編み出したとの事。当時まだ彼女はこのメソッドを紹介し始めて数年でしたが、すでに積んできた経験からこの方法にかなり確信がありました。

 

女史の話を聞いて私以上に納得してしまったのは夫の方。何を隠そう、このメソッドはお産にパートナーが付き添い、彼の助けを得ながら女性は痛みを和らげることが可能となり、陣痛を最小限に抑えてお産に望めるのです。

 

初めて聞いた方法でした。でも理論はとってもシンプル。分かりやすく納得しやすい。至極簡単な方法でした。私はこのメソッドを学ぶコースに参加することを決め、まずは妊娠中の腰や背中の痛みが軽減されるよう、そして無事にこのメソッドを当日現場で使えるよう、体作りからスタートしました。

 

ロシア生まれのフェルデンクライスメソッドがベースにある為、背中の痛みをとる、お腹が凹むように軽くなるなどの体操を教えてもらうところからスタートしましたが、確かに効果を感じ数ヶ月会場に通いました。

 

おそらく、妊娠8ヶ月目頃であったと思います、いよいよ、お産の当日に使うメソッドを覚える日がやって来ました。これはパートナーと共に参加するもので、当日の妊婦の行動とパートナーの行動、いくつかレパートリーがあるのですけれども、それを学ばせてもらえました。

 

正直その場では実感がなく、へー、これで痛みが減るんだと、他人事のように聞いていた私ですが、その脇で夫は自分が産むかのように真剣に講座に参加していたのが妙におかしかったのを今でも覚えています。

 

さて、教えてもらったのはいいものの、これは実際にお産の日が来るまで復習して覚えておかないといけない。なんだか笑えましたが、家で二人で反芻しながら大きなお腹を抱えて過ごしたのが今でも新鮮な思い出です。

 

いよいよ陣痛が始まったお産の前夜。「わーこれかー!」と毛が逆立つようなドキドキ感と共にいよいよこのメソッドが役に立つと、その思いを頼りに少しづつ変化していく自らの体を感じていました。

 

まだ病院に行くほどではないけれど、でも痛みが間隔を狭めて迫ってくるようになった時、使ってみましたこのメソッド。びっくりすることに、確かに痛みが引いていくではありませんか。

 

効果を実感した私は確かな希望の光をみいだし、少しずつ間隔が迫ってくる陣痛初期をなんとかやり過ごすことが出来ました。

 

いよいよだぞー!!と病院へ。車の中の15分間が辛かったこと。

 

さて、病院についてからですが、元々病院は、このメソッドを受け入れてくれるところを選んで、助産婦さん達とも面談をしてもらっていました。

 

ですので、病院へ駆け込んだ私と夫、痛みが時を構わず襲ってくるのですけれど、その度に私は立ち止まり、夫と共に、廊下で、待合室で、ところ構わずメソッドを実行。人が見ているのなんかお構いなしです。それよりも、かなりの痛みが押し寄せてくるのにもかかわらず、夫がタイミングよくアクションすると、まるで潮が引くように痛みが引いていく。これが2度のお産で間違いなく実感した効果でした。

 

これならなんとかなるぞ!と救われた気持ちを体のどこかに漂わせ、ともかく私も彼も汗だく。

このメソッドは二人が意気投合していないと上手くいかないので、たまに外すと、お互い叫びながら次の痛みの波に備えて確認し合うという具合で、おそらく側から見ていると珍劇喜劇であったのではないかと、今思うと顔が赤くなります。

 

もちろん、病院スタッフはそんなものは慣れていますからお構いなし。彼らの落ち着き感に感心しながら、私はいよいよ大詰めを迎えました。このメソッドは子供が生まれてくるまで効果を発揮します。最後の最後まで夫はお産に関わるので、彼自身も「俺が産んだぞこの我が子、俺が助けたぞ我が嫁のお産」みたいな自負心を持てるようなんですね。この点については、積極的にパートナーがお産に参加できるという意味で男性にとってポジティブなことであり、家族全体に良い影響を与えるお産の仕方だと最高の付加価値を感じました。

 

さて、このメソッドのおかげで子供の方もスムーズに産道を通って来るようで、早く生まれる可能性が高いです。確かに私も一人目の子は、子宮口最大の極期あたりから約2時間、二人目の子はそれこそ1時間弱でさっさと自然分娩で生まれて来てくれました。

 

私のお産に付き合った夫は疲労困憊。でも満足感は最大限だったようです。

フィレンツェでお産のメソッドに出会えるとは想像もしていませんでしたが、実際そのような機会に恵まれることとなりました。

 

お産を経て思ったのは、「実は似たような知識を日本の助産婦さんは既に持っているのでは」という点です。専門家ではない私に取りこれは想像の域を出ませんが、おそらく世界中のあちこちに様々なお産の知恵が受け継がれている中で、酷似したものがきっとあるのではないでしょうか。ただ、80%陣痛を軽減できるという言い方をしているものを見たことがありません。

 

ブログなどでは具体的なメソッドを記載していくのは難しいので、zoomなどが普及した昨今、このような新たなコミュニケーション方法で語れる場を設けられると嬉しいなと前々から思っていました。もしくは、いつかフィレンツェに日本の助産婦さんがおいでになり、半日でいいです、女史と直接会うなどの機会が実現したら素晴らしいなといつも思っています。

 

そんなわけで、このようなテーマに心ある女子達と是非比較してみたい、対話をしたいという願いをずっと温めてきました。少しでも多くの女性が、本来自らが持つ体の力を発揮したお産を体験してくださることを願って。

 

| フィレンツェの日常生活★ 純子 | 07:16 | comments(0) | - |









   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ FIRENZE-naviの観光プラン
フィレンツェナビがご用意するスタンダードな観光

団体ツアーでは味わえないスローテンポのフィレンツェ観光はオリジナル・プランならではの醍醐味です。初めてのフィレンツェを無駄なく存分に満喫できるプランが満載。王道の観光スポットだからこそ、ありきたりのツアーとは一味違った濃い内容をご提供致しています。


フィレンツェナビがご用意するワンランクアップの観光

通常は滅多に足を踏み入れられないヴァザーリの回廊に入るプランをはじめとして、ヴェッキオ宮殿内の「秘密の部屋」を見るプラン。職人の街であるフィレンツェの裏道を散策するプラン。フィレンツェならではの綺麗なものを見尽くして頂くプランなどをご用意しています。


フィレンツェナビがご用意する特別限定プラン

こちらはフィレンツェでの季節限定ものや、超のつく限定公開をはじめとしたプランをご用意しています。普通の旅行では絶対に味わうことが出来ないプランが満載です!

+ ビジネス通訳・翻訳のみも可能!

FIRENZE-navi では上記の観光用プランだけではなく「通訳のみ希望」という方にも対応しております。
大規模な見本市・展示会のためのビジネス向け通訳から、雑誌等のコーディネート、個人的な商用等まで幅広く臨機応変にサポート致します。

+ LINKS
+ PROFILE
+ OTHERS
このページの先頭へ